≪ 愛 ・ 地 球 博 (愛知万博) ≫

 今回の万博はいろいろありましたが、テーマが愛・地球博となっていますが、中を見てみるとテーマに関連している内容が見当たらない感じがしました。 ただただ珍しいものや変わったものを並べてあるだけで、特に解説も少なく展示だけのものが多く、見て回ったものが少なかったせいもあります。 入場料を考えるとただただ高いだけで、中でも飲食店でもラーメン一杯が千円近くして驚くばかりで、採算のみを計算したような感じがします。 まあ人によっていろんな感じ方がありますので、それは見てからのお楽しみでしょうか、私はタバコを吸うのですが、タバコを途中で買おうとし他のですが、 買うチャンスを逃してしまい。行きから帰るまで約10時間禁煙状態でした、喫煙所は数ヶ所ありますが、残念ながらタバコを売っていないみたいでした。 簡単に言うとテーマとは裏腹に「地球に優しくまた人にも優しい環境」のはずですが、業者に優しく、人には厳しくを感じました。  何事も後手後手の万博ですが、テーマはもっと長い未来のことを考えているはずですが、6ヶ月間の天候などの気象条件を配慮できなかったかが不思議です。 やはり日本は何かが起こらないと手をつけないという典型的なお役所的な仕事のやり方が当たり前になっているみたいです。
 どうのこうのといわれていた愛知万博もいよいよ9月25に終わりますが、環境をうたい文句にして開催されましたが、一番欠けていたのは人への愛でした。 いまさらいっても仕方がありませんが人への愛が一番だと私は考えています、まず人があってそれに伴って環境への配慮だと思うのですが、最後までそれがわからなかったみたいで、 報道関係や会場関係者は入場者数のことばかりで本当の採算はどうなんでしょうね、私は人への愛があってこそお金抜きでそれが一番だと考えています、 それに伴って入場者がついてきて採算が取れることが理想だと思うのですが、今後の跡地の問題でも環境を配慮した戻し方をして欲しいと思っているのは私ばかりではないと思います。

 愛知万博のホームページです。 http://www.expo2005.or.jp/jp/
マンモスラボ他
日本庭園
スペイン
ビクトリア号
スペイン
ビクトリア号
4月下旬
4月下旬
7月中旬
7月中旬
インド館・カナダ館
スペイン館・トルコ館
ギリシャ館・イタリア館
夜景・色々
7月下旬
7月下旬
7月下旬
7月下旬
モンゴル館・中国館
スリランカ館・
バングラデシュ館
ブータン館・
ウズベキスタン館
アルゼンチン館・
アンデス共同館
8月中旬
8月中旬
8月中旬
8月中旬
メキシコ館
夜のイベント
夜景T
夜景U
8月中旬
8月中旬
8月中旬
8月中旬
ヨルダン館・
モロッコ館
オーストラリア館・
ニュージランド館
シンガポール共和国館・
ラオス館
マレーシア館・ベトナム館
9月上旬
9月上旬
9月上旬
9月上旬
タイ館・
フィリッピン館
カンボジア館・
ブルネイ・ダルサラーム国館
インドネシア館・
南太平洋共同館
ロボットステーション・
ファミリー愛ランド
9月上旬
9月上旬
9月上旬
9月上旬
バイオラング・
花の地球
夜 景 色 々
海上広場・
ウエルカムハウス
瀬戸愛知県館・
市民パビリオン
9月上旬
9月上旬
9月上旬
9月上旬