《 第32回全国都市緑化あいちフェア 〜花と緑の夢あいち2015〜 》


 全国都市緑化フェアは、国、地方公共団体及び住民等の協力による都市緑化を全国的に推進し、緑豊かな潤いのある都市づくりに寄与することを目的として、毎年開催されています。
 今年は、愛知万博(愛・地球博)開催から10周年にあたる本年、9月12日(土)から11月8日(日)までの58日間、その開催跡地である愛・地球博記念公園(モリコロパーク)(長久手市)をメイン会場に、「第32回全国都市緑化あいちフェア 花と緑の夢あいち 2015 」が開催されます。



 < みどころ >
1.地球市民のエリア
《 鏡の中の花畑 》 鏡を使ったトリックで、前面の花壇を鏡に映しだすことにより、花畑が空まで続いているような空間を演出します。鏡の前に立って写真を撮っていただくと、まるで一面に広がる花畑の中にいるような感覚の写真をお楽しみいただけます。
《 緑化壁(垂直庭園) 》 「山と海をつなぐ緑の回廊」出展企業による個性あふれるデザインや様々な技術手法を見ていただくことができます。園路を歩きながら、愛知万博から広がる都市緑化技術の進歩やその魅力を感じていただけます。
《 デザインウォール 》 愛知万博開催往時の写真などを展示し、万博の想い出を体感していただくことができます。
《 地球市民交流センター 》 緑化フェアにちなんだ様々な体験プログラムや催事が行われています。また、愛知万博の思い出を市民目線で振り返り、日ごろから公園で活動しているNPOなどがブースエリアを展開する「あいちフェア市民村」も開催しています
。 《屋内展示「ふしぎな花空間」》 地球市民交流センターを期間ごとに装飾します。最後の2週間は会場中央を生産量日本一の愛知のキクをボール状にアレンジした「フラワーシャンデリア」と「ミニガーデン」をお楽しみいただけます。
また、フェア期間中には“花男子”による、皆さんが主人公となる感動の花贈り企画を毎日開催します。
2.農のエリア 田畑や果樹園などの農業体験ができる里山実験フィールドとして親しまれ、農の風景を感じることができる「あいちサトラボ」をベースに、コスモスなどを植栽し、花のある農風景を創出します。
3.センターエリア
《 花の棚田 》 「あいちの花 百花繚乱」をコンセプトに、あいちの花100%で彩る大きな花壇です。花壇の主役となる花は期間中2回の植替えをするなど、期間を通してあいちの花の魅力を存分に感じていただくとともに、「花の王国あいち」が誇る色とりどりの花々をお楽しみいただけます。
《 あいちの庭 》 「家族をつなげる庭、街をつなげる庭」 各団体が出展テーマに沿った自由な作品形態で庭の展示を行います。
*「にぎわいのスペース」では、休憩コーナーと一体化させ、食事や休息しながら庭を眺めていただくことができます。
*「散策のスペース」では、従来の都市緑化フェアでもあるように、園路を散策しながら庭を眺めていただくことができます。
4.水辺のエリア  花しずく「水辺を彩る秋の風景」25の自治体が花壇を出展し、それぞれの自治体の魅力を伝えます。各自治体から提案された個性あふれた花壇をお楽しみください。
5.創造のエリア  憩いの庭「〜やすらぎを求める人々が集う庭〜」農業高校生が制作する庭の出展です。
 《 みんなの庭 》 小中学生が学校で装飾したプランターや、小中学生に募集したデザイン画をもとに花壇を制作し、展示します。



問合せ先:愛・地球博記念公園(モリコロパーク  TEL:0561-64-1130 
住 所:〒480-1342 愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1
 もりころぱーくのホームページです。 http://moricoro-park.com/
全国都市緑化あいちフェア:公式ホームページです。 http://www.aichi-fair2015.jp/index.html
  愛知万博から早いもので、もう10年になりますが、結構色々な催しがありますが、花に関することは少ないですね、毎年大芝生広場で行われる、秋のコスモスくらいでしょうか、今年はジブリの大博覧会ということで若い方はジブリ、年寄りの方はいろいろな緑の催しでしょうか!!

《 第32回全国都市緑化あいちフェア 〜花と緑の夢あいち2015〜 (第一弾) 》
屋内展示
・ふしぎな花空間
花の棚田・他
花と緑の屋外
出展コンテスト
花しずくT
花しずくU
花しずくV
魅せたい花
&憩いの庭
花壇色々
《 第32回全国都市緑化あいちフェア 〜花と緑の夢あいち2015〜 (第二弾)》
地球市民エリア
・ふしぎな花空間
センターエリア
花の棚田・他
魅せたい花壇
・デザイン花壇
プランター花壇
ハンギングバスケット
 < 第二弾のみどころ >
1.地球市民のエリア
《 鏡の中の花畑 》 鏡を使ったトリックで、前面の花壇を鏡に映しだすことにより、花畑が空まで続いているような空間を演出します。鏡の前に立って写真を撮っていただくと、まるで一面に広がる花畑の中にいるような感覚の写真をお楽しみいただけます。 「鏡の中の花畑」のケイトウを、シクラメンに植え替えました。 赤やピンクなどのシクラメン約2,000鉢を使い、とても色鮮やかな花畑になりました。
《 地球市民交流センター 》 緑化フェアにちなんだ様々な体験プログラムや催事が行われています。また、愛知万博の思い出を市民目線で振り返り、日ごろから公園で活動しているNPOなどがブースエリアを展開する「あいちフェア市民村」も開催しています
。 《屋内展示「ふしぎな花空間」》 「森の回廊」という名前の通り、緑とオブジェが印象的です。プラスチックでできた鮮やかな花のオブジェは、近くで見ると飴細工のようにも、遠くから見ると花火のようにも見えます
2.農のエリア 田畑や果樹園などの農業体験ができる里山実験フィールドとして親しまれ、農の風景を感じることができる「あいちサトラボ」をベースに、コスモスなどを植栽し、花のある農風景を創出します。
3.センターエリア
《 花の棚田 》 の主役が「ケイトウ」になりました!ケイトウは、花の姿が鶏の頭に似ているのが特徴で「鶏頭」とも書き、暑さに強く夏でも生育旺盛な種類の花壇苗です。 ケイトウといえば、「赤」のイメージですが淡いピンク、黄色、オレンジと様々な品種があります。 今、花の棚田に植えられているケイトウは、きもの、キャッスル、ファイヤーダンス、セルウェイ、ベネズエラ、スマートルック、ケロスなどです。 ケイトウは、こぼれ種で翌年も芽を出しますのでお庭に植えてみてはいかがでしょう。
4.創造のエリア  憩いの庭「〜やすらぎを求める人々が集う庭〜」農業高校生が制作する庭の出展です。
 《 みんなの庭 》 小中学生が学校で装飾したプランターや、小中学生に募集したデザイン画をもとに花壇を制作し、展示します。
「ハンギングバスケット」 現在はハンギングバスケット協会の会員さんによる作品が展示されています。今月末には協会の先生による作品へとかわります。 多肉植物を使ったもの、小鳥と巣箱がついているもの、木の実を使ったものなど素敵な作品が並んでいます。
 全国都市緑化あいちフェアは2回目ですが花壇の花が最近は色々な花が変わったというので、でかけました、花と緑の夢あいち2015」のメイン花壇である「花の棚田」。 はメインの花材が「キク」から「ケイトウ」にまた鏡の中の花畑では赤やピンクなどのシクラメン約2,000鉢を使い、とても色鮮やかな花畑になりました。