《 マリオット・アソシアホテル&ノリタケの森&瀬戸のヒナ巡り 》





《 雛人形の歴史 》
・平安時代の雛人形は、立ち姿をしており(立ち雛)、現在のような座った雛人形(座り雛)が登場したのは室町時代の頃だといわれています。
・江戸時代に入り、武家など高貴な家の娘の嫁入り道具として雛人形が用いられるようになるにつれ、まるで家の権力を誇示するかのように、競うように豪華さを増していきました。
・やがて江戸幕府の、人々の消費を一時規制する方針により、大型の雛人形が廃止され、それにより、”芥子雛:けしびな”という、高さの平均が10pという小さな雛人形が流行するようになりました。
・江戸後期には、男雛・女雛ともに、宮中装束を再現したものが考案され、その後、官女や随身(左・右大臣)五人囃子など、内裏雛に付き従う従者人形や御道具類も考案され、現在のような雛人形のセットへと変化していきました。
・明治元年(1868)の明治維新により武家社会は終りを遂げました。同4年には廃藩置県を断行し、翌年には田畑売買禁止の解除など、封建的な土地制度を廃止、さらには同6年、地租改正が行われました。 このために武士は食べるために家にある色々な家財などを売って一時しのぎなどをしましたが、この時に特にお雛様などは売りに出されてしまい、残っているのは徳川家ぐらいとか言われていますね。 徳川美術館には尾張徳川家の歴代のお雛様があるのですが、これだけお雛様が揃っているのはここくらいしかなく一度くらいは見ておいてもいいですね。







マリオット・アソシアT
マリオット・アソシアU
ノリタケの森T
ノリタケの森U
ノリタケの森V
つるし雛T
つるし雛U
ノリタケの森
・世界最大級・大親王揃他
ノリタケの森
・ワタノハスマイル展T
ノリタケの森
・ワタノハスマイル展U

瀬戸市・瀬戸蔵T
瀬戸市・瀬戸蔵U
瀬戸市・瀬戸蔵V
久米邸・旧川本桝吉邸
・旧原田写真館等
瀬戸銀座通り・末広町
ヒナミッド
瀬戸焼のお雛様
地上絵他
開業30周年
愛知環状鉄道の歩み
御殿雛&享保雛他
お雛様色々T