《 マリオット・アソシアホテル&ランの館&文化の道二葉館
名古屋陶磁器会館&徳川美術館&東山タワー&星ヶ丘三越 》



 マリオットアソシア・ホテルのつるし雛《 期間 》2月1日(土)〜3月3日(日)
初節句を迎える女の子の健やかな成長を願う「雛(ひな)のつるし飾り」が、JR名古屋駅の上にある名古屋マリオットアソシアホテル15階ロビーで、ひな壇とともに展示されている。
つるし飾りは江戸時代後期から伝わる風習。ひもにくくりつけられているのは、愛知県大治町文化協会「雅の会」メンバーの主婦ら約45人が、古くなった着物の生地で作った縁起物の動物など計106点。
住 所:〒450-6002 愛知県名古屋市中村区 名駅一丁目1番4号
 マリオットアソシア・ホテルのホームページです。 http://www.associa.com/nma/


  さげもんは、福岡県柳川市に伝わる風習。吊るし飾りのひとつ。
女児の生まれた家庭では、その一生の幸せを願い雛壇は父方の実家から、さげもんは母方の親戚、母、祖母が用意する。これに類する風習として静岡県東伊豆町の「雛のつるし飾り」、山形県酒田市の「傘福」(笠福)がある。
現代では、桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)を基本として50種の細工がある。これらを5列の赤糸に各11個の細工をつるし計55個にそろえ、これを対で製作することにより110の細工がつるされたものが基本型とされる。 一般に直径30cmのさげわに170cmの長さで吊るされ、飾りの数は3、5、7、9などの奇数で組み上げられる。この理由は、前述した様に縁起物であるため、割り切れる数字(偶数)を避けてのことである。
 名古屋陶磁器会館の雛祭り
《 期間 》  2/24(月)〜3/9(日)
・「伝承塾」作品展〜春のよろこび〜始まりました。・・・名古屋伝統上絵付けの凸盛り作品展が、2月24日よりはじまります。会場は名古屋陶磁器会館。凸盛りでお皿にお雛様などを雛段に上段にお殿様とお姫様、三人官女や五人囃子をイメージしたお皿などです。


住 所:〒461-0025 名古屋市東区徳川一丁目10番3号 電話 052-935-7841 FAX 052-935-9592
 名古屋陶磁器会館のホームページです。 http://nagoya-toujikikaikan.org/
 ランの館の雛祭り展
《 期間 》  2/27(木)〜3/4(火)?
・ランのお雛様・・・和紙の着物にランの花のお顔の清楚なお雛様。ランの館オリジナルのお雛様です。
・大名家のお雛様・・・徳川美術館「尾張徳川家の雛まつり展」で公開されている尾張家14代藩主夫人・矩姫のお内裏様とお雛様(レプリカ)を展示します。
・福よせ雛・・・「飲んで踊ってお花見だ。」お澄まし顔のお雛様たちが雛壇を抜け出し、ひと足早いお花見会に興じています。ランの柄の姫着物もお楽しみください。
・その他・・・お雛さまたちの周りは、香りのよいデンドロビウム・スペシオキンギアナム約100鉢に囲まれた華やかな演出となっています。


住 所:〒460-0011 名古屋市中区大須四丁目4番1号
 ランの館のホームページです。 http://www.rannoyakata.net/
 尾張徳川家の雛まつり
《 期間 》平成26年2月8日(土)〜4月6日(日))
お内裏さまとお雛さま、三人官女に五人囃子―さまざまなお人形や雛道具が飾られる雛祭りは「桃の節供」とも呼ばれ、春のおとずれを告げる華やかな行事です。徳川美術館には、尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛道具が伝来しており、いずれも御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っています。 特に、一つ一つに家紋が入った雛道具は実際の婚礼調度のミニチュアで、その精緻な美しさには目を見張るばかりです。また、所狭しとお人形や雛道具が並べられる明治・大正・昭和の雛壇飾りは、高さ約2メートル、幅7メートルにもおよび圧巻です。大名家ならではの、豪華で気品ある雛の世界を紹介します。 また、今回はコ川記念財団より和宮所用の御所人形・手回り品や銀製飾物ほかを特別公開いたします。


住 所:〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017 TEL: 052-935-6262 / FAX: 052-935-6261
 徳川美術館のホームページです。 http://www.tokugawa-art-museum.jp/




  福よせ雛:女の子が生まれると末永い幸せを願って贈られる「ひな人形」。祖父母や両親が選んでくれたおひな様も最近の住宅事情によりだんだん飾る回数も少なくなってきました。特に七段飾りのような大型のひな人形は敬遠されているようです。勿論置く場所の問題だけではなく、おひな様を出したりしまったりが結構大変なのです。核家族化でママの手だけではおひな様の手入れが出来なくなってきたのも現実です。捨てるに捨てられず、最近流行しているのが人形供養に持って行って処分してもらう方法です。でも法要が終われば産業廃棄物として焼却処分となる運命なのです。まだまだ立派に飾ることが出来るおひな様にもう一度働いてもらい活躍する場を作ろうと【おひな様復活プロジェクトチーム】が発足しました。  日本で初めておひな様達にそれぞれの日常生活を再現してもらい、たくさんの人々に見てもらうため、名古屋各地の公共施設や商業施設にとどまらず、郡上市の協力を得て八幡町の町おこしとして展示することとなり、そしてまた皆さんにお会いできる嬉しさにおひな様達が幸せをもたらしてくれることを願って『福よせ雛』と名づけられました。
・文化のみち二葉館 (052-936-3836)  2 / 8〜2 / 15 (2/12休) ・東山スカイタワー (052-781-5586) 2 /18〜3 / 16 ・名古屋三越・星が丘店(052-783-1111 ) ・チーム星が丘(052-781-5210) 2 / 22〜3 / 3 ・愛知県平針運転免許試験場 (052-801-3211)  2 / 22〜3 /3 ・ランの館 (052-243-0511)  2 / 27〜3 /4 ・白鳥庭園 (052-681-8928)3 /29〜3 / 30
 福よせ雛プロジェクトのホームページです。 http://www.himekimono.jp/cont13/main.html


〒464-0803 名古屋市千種区田代町字瓶杁1-8 TEL(052)781-5586
 東山タワーのホームページです。 http://www.higashiyamaskytower.jp/
  名古屋市内でお雛様を見せているのはマリオット・アソシアホテルのつるし雛とランの館のランのお雛様、徳川美術館くらいであまりないですね。そのほかでは福よせ雛の展示が文化の道二葉館で始まり市内のあちらこちらで開催されています。なごやはきらびやかな中京雛で有名ですが市内で本格的に色々なお雛様が見られる場所はないですね。 徳川園は撮影禁止ですが、今年はロビーのお雛様は撮影が可能でした。瀬戸や足助などは大々的に町を挙げてやっていますが、毎年おなじで余り変わり映えしないのが欠点ですね、でも名古屋でも大須観音や円頓寺文化の道や名古屋城などで大々的にやってくれるといいのですが儲からないことはやらないかな。


マリオット・アソシア
撞木館・二葉館
東山タワー・1F
東山タワー・1F&5F
つるし雛
お雛様色々
福よせ雛
福よせ雛
東山タワー・三越・星ヶ丘
文化の道二葉館T
文化の道二葉館U
ランの館・徳川美術館
・名古屋陶磁器会館
福よせ雛
福よせ雛
福よせ雛
ランのお雛様他