< 日本丸 >



  訓練生がが甲板に集まり柔軟体操を行い、帆を上げる前に帆が固定されているのでそのロープをほどきに最初にベテランの甲板員(青い服)に続き訓練生が上がりロープをほどいていくが訓練生その場合裸足で登ってゆく、 その後全員が甲板でロープをゆるめて帆を下すが、一番下の大きな穂が一番最後におろされる、この船の場合帆が途中でひっかり、ベテランの乗組員が調整に上がっていった、すべての帆が下されるとがんーぺきに向かって全員で敬礼を行う。





























《 トラブル発生で帆をなおしに。》